エヴァンゲリオンとは?

エヴァンゲリオン『新世紀エヴァンゲリオン(Neon Genesis EVANGELION)』とは、1995年10月4日から1996年3月27日までにテレビ東京系列(TXN)にて全26話にわたり放送されたテレビアニメ作品で、その後には完結編であるアニメ映画等も空前のヒットで日本を騒がせた作品。

昨今ではパチンコ・スロットにと幅広い分野に進出をしており、若年層だけでは無く老若男女に浸透する作品へと進化している。

エヴァンゲリオン」や「エヴァ」、「EVA」とも呼ばれ。監督は庵野秀明。英語表記の「Neon Genesis」とは「新たな創世記」の意味であり、作品中には旧約聖書から影響を受けている部分が多々みうけられる。また、1995年2月号から貞本義行が月刊少年エース誌上で連載されている。

エヴァンゲリオン作品紹介(TV版)

碇シンジ2000年9月13日に南極で発生したセカンドインパクトと呼ばれる大災害後の地球を舞台とする。その大惨事から復興しつつあった2015年の人類は、使徒と呼称される新たな脅威に見舞われていた。

国連の下部組織である特務機関NERV(ネルフ)は、襲来する使徒を殲滅するため、汎用人型決戦兵器人造人間エヴァンゲリオンを極秘に開発していた。そのパイロットには、まだ14歳の多感な少年・少女が選ばれ、世界の命運を託されたのであった。

主人公である14歳の少年「碇シンジ」は、「幼少時のトラウマ」と「父親との疎遠な関係」から、他人と接触を好まない内向的な少年であるが、NERVの司令である父親によって、エヴァンゲリオン初号機のパイロットとして選任される。碇シンジをはじめとする エヴァンゲリオンのパイロットたちは、世界の命運を託され、命をかけて戦うという閉鎖的な極限状態に置かれることとなり、追い込まれ傷つき病んでいく。

セカンドインパクトの真相、襲来する使徒の正体、そして秘密裏に進められる「人類補完計画」の全貌。多くの謎がちりばめられ、主人公であるシンジの挫折と成長を追いながら物語は進んでいく。

 

エヴァンゲリオン作品紹介(映画版)

新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生

1997年3月15日に全国東映・東急系で公開された。『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生』は、TVシリーズ(第壱話~第弐拾四話)の再構成である『DEATH』編と、第弐拾五話のリメイク(実態は完全新作)の前半部分『REBIRTH』編の2部構成となっている。なお、サブタイトルの「シト新生」は、DEATH & REBIRTH の直訳「死と新生」と「使徒新生」とを掛けている。

 

新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に

1997年7月19日に全国東映・東急系で公開された。当初は1997年春の『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 DEATH & REBIRTH シト新生』で完結する予定だったが、『REBIRTH』編の制作が間に合わなかったために途中までの公開となり、同年夏に本作が公開されることとなった。

『REBIRTH』で公開されていた部分についてはアフレコ、SE、BGMの録り直しや、画面上での若干の修正、追加が行われている。

第25話『Air』は、劇中BGMに使われているヨハン・ゼバスティアン・バッハ作の『管弦楽組曲第3番第2曲』の「アリア」(Air) から。また第26話『まごころを、君に』は、 ダニエル・キイスの著作『アルジャーノンに花束を』が映画化された時の邦題「まごころを君に」から。

 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

エヴァンゲリオン新劇場版:序』は制作会社が自己責任で資金を調達する自社製作として制作され2007年9月1日に公開された。1997年7月に公開された『新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に』以来、約10年ぶりとなる新世紀エヴァンゲリオンの映画である。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ一作目として制作された本作は、基本的にTVシリーズの第壱話~第六話までのストーリーを踏襲しており、一見リメイクであるかのように見えるが、製作サイドは新劇場版に関して一度としてリメイクという表現を使っていない。

TVシリーズの原画、動画やタイムシートを素材として再利用しているものの、絵は全て新たに描き直され、そのままの絵は1枚たりとも使用していない。また全編にわたってデジタル撮影や3DCGが使用されて映像の「再構築 (REBUILD) 」が行われている。エヴァや使徒の形態、演出のリファインや、渚カヲルなど「人類補完計画」の核心に迫る要素が早い段階で登場するなど、新たな設定や演出も導入されている。また、登場人物の立ち位置や性格の描写にもわずかな変更が加えられている。

 

実写映画!?

エヴァンゲリオン実写画像2008年現在、米国でエヴァンゲリオンの実写映画プロジェクトが進行している。製作は本作のアメリカ合衆国での配給を行ったADVフィルム、VFX制作は『ロード・オブ・ザ・リング』『キング・コング』などを手がけたWETAデジタルが担当することが決定している。

企画発表と同時にWETAの手によるイメージイラストが公表されており、原作のイメージを活かしつつ、独自の解釈を施したSF描写に対する評価は高い。一方でイメージイラスト上での人物の描写には批判が多くされたが、本作はあくまで実写映画であり、キャスティングは全く別のコンセプトで行われることになるとプロデューサーサイドから説明がなされている。また、主役となるパイロットには、成人した役者ではなく、設定年齢に近い少年少女をあてる方針も発表されている。

監督・キャストなど詳細は2008年現在未定。続報がないために企画が頓挫したという噂がしばしば流れるが、プロデューサーは2007年に開かれたカナダのアニメイベントで、現在も変わらずプロジェクトが進行中であり、2年以内にはこれを動かしたいということを明言している。YouTubeにはファンの手による、比較的精巧に作られた架空の予告編がアップされているが、MADムービーであり、正規作品とは関係がないので、注意を要する。

エヴァンゲリオン実写画像なお、ガイナックスの発表ではハリウッド企画となっているが、通常はハリウッド系の資本による製作をハリウッド映画と呼ぶので、ハリウッド資本でないADV社の実写版は正確にはハリウッド映画とはならない。

「Development Hell(企画地獄)」の状態にあると懸念する声もあるが、米国の実写企画には時間がかかるのが通常である。ADVのプロデューサーでこの実写版映画の企画を担当するマット・グリーンフィールドが2007年に語ったところによれば、ジェームズ・キャメロンが手がけている『銃夢』の実写版は企画開始から9年経過しており、2008年公開予定の『スピード・レーサー』(『マッハGOGOGO』の実写映画)の企画において、最初の脚本を読んだのは1984年頃であるといい、それらに比べれば順調であるとして懸念を否定している。

 

エヴァンゲリオンがアニメ界へ与えた影響

綾波レイエヴァンゲリオンは、社会現象にまでなった1990年代を代表するアニメ作品であり、蓄積された邦画や日本の特撮、アニメーションの技法を濃縮した作風に加え、キャラクターの内的側面を表現するなど、斬新な演出が後続するアニメ作品に多大な影響を与えた(アニメ作品以外にもこの傾向はみられる)ことから、1970年代を代表する『宇宙戦艦ヤマト』、1980年代を代表する『機動戦士ガンダム』に続く第3次アニメ革命と言われた。従来のロボットアニメが、玩具の売り上げのための販促としての性格を色濃く持っていたのに対し、アニメ作品の映像ソフト自体に販売、購入価値を見出せる作風であり、本作以後、「パッケージ性」と呼ばれるこの性格を強め、テレビアニメの制作費を映像ソフト化で賄う仕組みができた。

コンテンツ業界では、元々一つのメディアでしか表現されていなかった作品(原作)の商品広告を、小説、漫画、アニメ、ゲーム、音楽CD、映画、キャラクターグッズ販売などの多数のメディアと組み合わせて商品展開させ各メディアの弱点を補う、「メディアミックス」と呼ばれる手法が1980年代後半から盛んになっていた。本作品は同時期の『スレイヤーズシリーズ』『機動戦艦ナデシコ』と共にその潮流を確立させたものであり、特に「原作のないアニメ主体のメディアミックス」の嚆矢となった存在である。

エヴァンゲリオンの成功はアニメブームに繋がり、放送後の1997年頃からは、首都圏でテレビアニメが週約50本放送される空前のブームとなった(→アニメの歴史#テレビアニメの本数増加)。エヴァンゲリオンの深夜帯再放送における高視聴率をきっかけにアニメの深夜放送(いわゆる深夜アニメ)が増加したことと合わせて、現在のアニメ放送体系を決定付けたと言える。TVアニメにおける製作委員会方式の初期試用作品であり、その傑出した成功例である本作は、現在主流となっている同製作体制を増加させる一因となった。